2歳児 

2歳時期の赤ちゃん 平均的には、2歳前後で発話が始まりますが、言語の基礎として最も重要なのは、言葉を発する前の段階で、話題の対象を相手と一緒に見つめたり、「指差し」で対象を示す力が育まれていることです。こうした言語の基礎ができていれば、人とのコミュニケーションが可能です。その後の言語発達にも、「応答的」な相手に恵まれていることが必要条件です。「応答的」というのは、子どもの動作や声に対して言葉や視線、表情の変化、動作(うなずき、指差し、全身運動)などで積極的に応え、新たな子どもの言葉や行動を促進する働きかけです。この時期の子どもは、こうした応答性を豊かに含む遊びを楽しみます。 デパートやスーパーは感覚を豊かにする情報がいっぱい。 ・子どもに見せるだけでなく、ママも同じものをみよう。 ・ママは「この服、かわいいね」「このお魚、大きいね」等、多くを語りかけましょう。エレベーター・エスカレーター・多くの商品の名前を教えながら歩くのも楽しいものですよ。 お店のすいてる時間帯に出かけましょう。 脳力ひとことポイント 何度も繰り返し、見たり、聞いたり、ふれたりすることで、脳の感覚のファイルが豊かになります。 物の大小を教えるのは、言葉では難しいので、見てすぐわかるようなやり方で教えましょう。 ・男の子なら、パパとボクのパジャマを並べて「パパのパジャマはボクのパジャマよりも大きいね」と言葉を添えれば、大きいということがわかります。トマトとプチトマトなど野菜の大きなものと小さいものとありますね、クリームシチューなどを作る前に説明して、食べながら喜んで「大きい」「小さい」と楽しい食事も良いですね。 同じ形で大きさが極端に違うものなら他のものでもOK。 脳力ひとことポイント 幼児は、大小の判断の基準を、持っていません。直感的にわかる方を先に見につけましょう。 一人で歩けるようになっても、手足を上手く使えません。たえず手足を使うことで、運動が上手になります。 手や指先を動かすと脳への刺激がストレートに伝わるので、両手を使った運動が大切。 ママとボール転がしで遊ぼう♪両手を使い目標を考えて、目で見て転がすこの遊びは、複合感覚を伸ばすよい刺激になります。 脳力ひとことポイント 幼児の運動は、生まれつき備わっている反射回路を上手く使い、自分の意志でできる運動の種類を増やしていきます。 色々な運動パターンを覚えさせ、脳へ刺激を与える事が大切です。 両手の指を自由に動かせる練習をしよう。 ・小さなものを両手でつまむ。 ・一方の手で紙を押さえてハサミで紙を切る。 ・コップからコップへ水を移すのは、両手を使い集中力も養われます。少々こぼしてもあたたかく見守りましょう。 脳力ひとことポイント 両手が上手く使えるようになるには、きき手だけを使うのではなく、両手を使う遊びやお手伝いが大切です。 1才半~3才頃は何にでも挑戦したがり、「わたしがやる」といって自分にこだわる時期です。 自分にこだわる時期は、物事を飛躍的に早く身につけるチャンス。ちょっと難しいかも?と思うことでも、積極的に挑戦することが大切。 ・高くて物が取れない時は、踏み台を使って取る事を教えます。→次から自分で台を持ってくるでしょう。ママは危険がないよう見守ってあげてね。 何にでも挑戦したがる時期なので、失敗するのがわかっていても「ダメ」といわずにやらせて、失敗を味わうのも良い経験になります。 脳力ひとことポイント 1才半~3才頃の何にでも挑戦したがる時期は、失敗も成功も含めて脳にファイルされる大切な情報です。 自分の判断で助けを求めたり、物を選べるようにしよう。 自分にできないことがわかったら、大人の助けを求めるように教える。→親の目の届かない所で危険な目にあうより、自分でできない時は助けを求めれば手に入ることを知るのも大切。 二つの物を並べて、重さや大きさの違いを知ることも大切な学習。 ママは「どっちが好き?」「どっちが大きい?」などと語りかけながら、比べる練習をしましょう。 脳力ひとことポイント 脳力ひとことポイント二つの物を比べて違いを知るトレーニングは、脳の前頭前野を発達させます。 子どもは熱いものが苦手です 。ぬるいものばかり与えていてはダメ→熱いものをフーフーさせて食べさせよう。 ・口元で冷ますとき、待つ間に食べ物のにおいをかぐことができるからです。 ・親が冷ますのではなく、そろそろ子ども自身に冷まさせましょう。危険なぐらい熱すぎてはいけませんが、ママと一緒にフウフウするのも楽しいものです。 脳力ひとことポイント 食べ物のにおいを知り、味わうことにより味覚は発達します。ぬるい食べ物ばかり与えるのは、味覚、唇の感覚、皮膚感覚の発達によくありません。 日の食事の中で、甘い、辛い、すっぱい、苦いなどの四種の味を体験できるメニューを、心がけましょう。 子どもは甘い味が大好きですが、甘さだけではそれ以外の感覚器が鈍くなってしまいます。 毎日の食事やおやつのときは、ママが「甘いね」「これは辛いね」といって、味を言葉でいえるようにさせましょう。 脳力ひとことポイント 甘い、辛い、すっぱい、苦いなどの四種の味が、それぞれの感覚器を通して、味覚情報として脳に伝わります。

公園で遊ぼう

代々木公園 都内で4番目の広さを持つ緑豊かな都市公園。休日には多くの家族連れが訪れ、ボール遊びやおべんとうを広げたりとレジャーを楽しんでいます。外人の方も多く、セントラルパークにでも来たような、そんな気分にさせてくれる公園です。 所在地 東京都渋谷区代々木神園町 アクセス 自動車 山手通り→井の頭通り→駐車場 電 車  JR原宿駅、小田急線代々木八幡駅からすぐ 駐車場 小田急線沿いに146台の有料駐車場。24h 馬事公苑 人と馬のふれあいがテーマの公苑は苑内の約半分が馬事の競技場や馬を世話する厩舎。その他の敷地は日本庭園、自然林、広場や遊技場など子供連れの家族が楽しめるエリアになっています。 所在地 東京都世田谷区上用賀   アクセス 自動車 世田谷通り沿い 電 車 東急田園都市線 桜新町駅 徒歩15分 駐車場 なし 砧公園 園内には緑や芝生がとても多く、自然を満喫することができる公園です。元ゴルフ場だったという広大な芝生広場はボール遊びやお弁当には格好の場所。園内の東側はアスレチックや子供向け遊具、テニス、サッカー場などの施設も充実しています。 所在地 東京都世田谷区砧公園   アクセス 自動車 東名高速用賀IC 至近 電 車 田園都市線用賀駅 徒歩20分 駐車場 300円/1h しながわ区民公園 南北に約1kmと細長い、しながわ区民公園は、桜の広場、スポーツの広場、噴水広場、遊びの広場、潮の広場と、テーマごとに分かれ、それぞれ異なった景観を楽しむことができます。敷地内にある水族館は子供たちに人気のスポット。 所在地 東京都品川区勝島3-2-2 アクセス 自動車 第一京浜(国道15号)平和島口の交差点→海岸通り沿い 電 車  京浜急行 立会川駅、大森海岸駅から各徒歩約5分 駐車場 園内南側、海岸通り沿いに有料駐車場あり。200円/20分。 荒川自然公園 東京都の下水道場、三河島水再生センターの上を利用してできた荒川自然公園は水と緑が豊かな公園。交通園では教習所のようなコースで子供たちが自転車やペダル自動車に乗り、交通ルールを楽しく学ぶことができます。 所在地 東京都荒川区荒川  アクセス 自動車 明治通り大関横丁交差点から2~3分 電  車 都電荒川二丁目駅下車すぐ 駐車場 なし 府中の森公園 園内西側のエリアは武蔵野の森の面影を残し、自然散策や散歩にぴったりの地区。北側にある水辺の広場は春から夏にかけて子供たちの恰好の遊びの場になっています。 所在地 東京都府中市浅間町1、緑町2 アクセス 自動車  中央道 調布IC→国道20 (5km) 電  車 京王線 東府中 徒歩10分 駐車場 112台 300円/1h 武蔵野の森公園 調布飛行場に隣接する公園は周辺に視界を遮るものがなく、見晴らしは最高。大きな芝生で体を動かしたあとは、丘にあがってひとやすみ。 所在地 アクセス 自動車 国道20号 味の素スタジアムを北へ1分 電  車 西武多摩川線 多磨駅 徒歩5分 駐車場 166台 300円/1h 相模原公園 芝生の広場、花壇や噴水のフランス式庭園、そして隣接する麻溝公園の3つのブロックに分かれた広大な県立公園。お弁当やボール遊びに適した広場、小川のせせらぎ、そして植物園などご家族で一日中楽しめる公園です。 所在地 神奈川県相模原市上溝   アクセス 自動車 東名高速 横浜町田IC→国道16→県52 (11km) 電  車 小田急線相模大野駅、相武台駅 バス20分 駐車場 290台 土日祝日300円/1回 平日無料 光が丘公園 広大な芝生広場では、子供もワンちゃんも、思いっきり体を動かして遊ぶことができます。広場の周りにも、遊技施設、バードサンクチュアリ、そして散策路など家族で楽しむことができるエリアが沢山あります。 所在地 東京都練馬区光が丘 アクセス 自動車 関越練馬IC→目白通り→環八→高松6右折(3km) 電 車 地下鉄大江戸線 光が丘駅徒歩8分 駐車場 無料 武蔵丘陵森林公園 日本で初めての国営公園は東京ドーム65倍というスケール。四季折々の花と緑、そして水の豊かな園内は、一年中家族連れで賑わいを見せています。アスレチックにトランポリン、サイクリングなど子供向けの施設がとても充実していることも特徴です。 所在地 埼玉県滑川町   アクセス 自動車 関越道東松山ICより北へ5km 電 車 東武東上線「森林公園駅」北口から直通(南口)バスで7分 駐車場 4箇所の入り口すべてに有料駐車場。合計台数は2,000台以上。(610円/1回) 船橋アンデルセン公園 京葉道路 花輪ICから、花輪IC→船橋我孫子線を我孫子方面へ→金杉十字路を右折→道なりに直進→左前方に「船橋・県民の森」、右側に「G・S」がある十字路を右折し、100m先の右側。だそうですが、非常にわかりづらい場所なのでMAPを参考にして下さい。インターから空いていても1時間くらいかかります。 思いっきり遊ぶ事が出来る公園です。幼児はわんぱく城や水遊びができるアルキメデスの泉、小学生のわんぱくっ子だったら森のアスレチック、静かにいろんなものを作りたい子はクラフトゾーン、そして親は芝生で昼寝と誰もが楽しめます。おおざるのお勧めはなんといっても本格的アスレチック。合計75ポイントもあるので、一日たっぷり森を走り回ることができるんですよ。でも、制覇したときに丸をつけるチェックシートがあれば、もっとやる気がでるな。ぜひチェックシートを置いてください。 クラフトゾーンのイベントは1~2時間かかるので、余裕持って遊びに行きましょう。人気があるので朝一番に受付した方がいいですよ。おでかけした日も私達を含めて何組か、真っ先にクラフトゾーンに走って行ったんです。残念なのは完成品を発送してくれないこと。「ガラス絵を1ヵ月後に持ちに来て」と言われても、山梨からだと無理です。。。発送の対応をしてくれたら嬉しいな。 国営昭和記念公園 広大な土地に広場、池、川、バーベキュー、そして季節の植物が楽しめる花壇・・・ ここには公園に必要な要素がすべて揃っています。春から夏にかけて園内中で季節の花のリレーがはじまります。 所在地 東京都立川市緑町   アクセス 自動車 中央道 八王子ICから10km 電 車 JR立川駅から徒歩10分 (あけぼの口) 駐車場 メインの立川口駐車場、西立川口、砂川口の3箇所。820円/1日 初めて遊びに行く人はびっくりすると思いますが、園内はとにかく広いです。 昭和記念公園には入園口が5ヵ所あります。「こどもの森(子供の広場)」に一番近い砂川口駐車場に車をとめたのですが、それでもこどもの森までかなりの距離があり、自転車を借りました(立川口と西立川口、砂川口には駐車場と自転車のレンタル(有料)ができるサイクルセンターがあります)。レンタル用の自転車は沢山あり、大人用だけでなく、小さい子供を一緒に乗せられる同乗座席付きのものや子供用自転車もありました。充実の品揃えにまたまたびっくり。 小さい子が喜ぶパークトレイン (汽車の形をした園内バス。有料。)も運行しています。砂川口から子供の森を通って園内をぐるっと回っているので、自転車を利用しないでパークトレインに乗るのもいいかも。 広~い公園の敷地には高い建物や電線がないため、一面に広がる青空がとっても気持ちいい。「こどもの森」という名のとおり園内には緑も多く、秋には紅葉も楽しめます。12月初旬に行ったところ、赤や黄色に染まった木々と、風でひらひらと降ってくる木の葉がとてもきれいでした。園内の道路も整備されていて、国営はすごいな~、と圧倒されることしきり。園内には売店や自動販売機、レストランもあるので食事もできますが、お弁当とレジャーシートを持ってピクニック気分で行くのがおすすめ。 さて、肝心の遊び場「こどもの森」は・・・ちょっとしたテーマパークのよう。入園料がとっても安いので、下手に遊園地に行くよりも絶対お得だと思います。何より、体を使って遊ぶことができるのが良い。こどもの森には小さい子向けの「森のとりで」から小学生向けの「虹のハンモック」までいろいろな遊具がいっぱい。ちょっとした探検気分も味わえるし、1日中遊べます。ちなみに、うちの子供達のお気に入りは「雲の海」と「空のすべり台」、「風のすべり台」です。 1~2歳の小さい子には「みんなの原っぱ」南側にあるわんぱくゆうぐがおすすめ。 ここには「子供の森」にある遊具(雲の海 や すべり台付きの砦 など)がコンパクトに凝縮されています。「雲の海」も、こちらにあるものは小さくて低めのものなので安心。夏はどろんこ遊びのできるスペースも利用できます。ちゃんと小さなシャワーもありました。ちょっと変わった形のブランコもあり、ちびっこでいっぱいでした。ちなみにみんなの原っぱはと~っても広いのでバドミントンやフリスビーetc...何でもできそう。だだっ広いので空が広くて気持ちがいいです。 夏期には水遊び広場や屋外プール「レインボープール」も楽しめます。レインボープールは9つのプールがある本格的レジャープール(昭和記念公園の入園料とは別にレインボープール入園料も必要です)。プールは水深の浅い子供向けらしいです。

Copyright ©All rights reserved.目指せ幼児教育.